消費者金融:良いキャッシングとは

先日、金融広告の先駆者である森永賢治さんの記事を読みました。そこで感じた「キャッシング」についてのことを、少し書かせてください。森永さんは「お金のセンス」というものを、「ビジネスメディア誠」で話されています。

「お金」という言葉と「センス」という言葉は一見そぐわないように感じる方もいるでしょう。「お金の知識」の大切さを多くの人が説いています。お金の知識はとても重要なものですが、森永さん曰く、幸せなマネーライフを実践している人=「お金ののセンス」がある人、だということでした。

ところで、20歳から50歳のうちの三割の人たちはキャッシングやカードローンを活用したことのある人だと聞きます。また親御さんや友達から助けてもらった人を入れれば、誰かにお金を借りたことなどない、という人は恐らく皆無ではないかと思うのです。

ですが、「お金に困っている」「借りないと大変なことになる」という状況に陥ると、50パーセント弱の人がそのまま耐えてしまいます。それはなぜかというと、借り入れるという行為に、「良くないことだ」という気持ちがあるからです。

後ろめたい気持ちがあるからこそ、「他人に知られたくない」「一瞬で借りたい」と感じます。果たしてお金を借りるという行為は、そんなに悪いことなのでしょうか。お金を貸す方はビジネスですし、借りることによって誰かが助かり、経済は回っていきます。

キャッシング申し込みをする人の多くは携帯やスマホを利用して、といったケースが多いようです。また大多数の人が「借りる」と決めたその日中に登録すると言います。

どのキャッシング会社が合っているのか、ということを考えたり、金利を比較して返済計画を考えることもなく、ギリギリに申し込むといった人が後を絶ちません。「さっさと終わらせてしまいたい」といった後ろめたいー気持ちが前に出てしまい、心に余裕がなく、思考能力が落ちてしまうからだと考えられます。

まさに「貧すれば鈍する」という言葉が当てはまってしまうでしょう。どれだけ才能を持っていても、生活に困窮してしまっては本来の力を出すことは難しく、性格までひねくれてしまう、と言った意味になります。

森永さんは「借金には種類があり、良いものと悪いものがある」と記事の中でおっしゃっていました。ポジティブでしっかりとしたプランが立てられている借金は良い借金、自分への投資の借金です。これこそ「お金のセンス」に関ってくるものになります。

お金と上手に付き合えるかどうか、仲間にできるかどうか、といったことでしょう。お金を借りることを後ろめたく感じすぎてしまわないこと、ギリギリになってからお金を借りないこと、この二つが大事です。お金のセンスを持って、計画的にポジティブにキャッシングを活用してください。


キャッシングでピンチを回避する

皆さんは、キャッシングというと、どんなイメージを持っていますか?もしかしたらポジティブなイメージを持っている人は、あまり多くないかもしれませんね。大多数の方がネガティブなイメージを持っているのではないかと思います。

ですからお金に困窮したときも、ほとんどの人が借りるのを躊躇してしまい、どんどん生活が苦しくなってしまう、といった流れになってしまうようです。できればお金を味方につけ、上手にサポートしてもらえたらいいですよね。

キャッシングというのは、今や多くの人が活用しているサービスとなります。必要なお金を融資してもらえるという便利なサービスだというのに、困った時に使わない手はありません。

申し込み方法もシンプルで、基本的には保証人を立てる必要もないです。一番大きな長所は、困った時に迅速に借り入れる事が可能だという点でしょう。

キャッシングというのは大きなピンチを回避できるという役割も持っています。これから書くことは一例ですが、実話になります。

ある男性が銀行のカードを無くしてしまったそうです。カードを再び作るまでには暫く日数が必要な上、彼のお財布にはあまり現金が入っていませんでした。そんな時、彼は再びカードを手にするまでの数日間を、キャッシングで借り入れたお金で助けてもらったそうです。

またある人は、銀行のシステムエラートラブルに巻き込まれていました。勤めていた会社はお給料を振り込めない、受け取るはずだった彼は、預けていたお金を下ろすことも不可能な上、復旧までどれだけ掛かるかわからない、と言われてしまったそうです。

すぐにお金を下ろさないといけない都合が彼にもあって、それができないと信用問題にも関ってしまいます。ですが彼はキャッシングを利用して、ピンチを回避する事ができたそうです。

このようにカードを無くしてしまったり、銀行のシステムエラーのような出来事は、どんな人の身にも降りかかってくることでしょう。ピンチに備えるためにも、キャッシュカードのみ発行しておくのは良い方法だと思います。

いざという時審査に通るか解りません。余裕があるうちに備えておくのが得策です。リスク回避の方法を、きちんと考え実行しておくのがお勧めと言えます。


クレジットカードにキャッシング機能を付けておいて良かった事

初めてクレジットカードを作ったのは今から10年ほど前になります。デパートに行った際に勧められたのがきっかけです。当時はキャッシングをすることなんて考えてもいませんでしたが、クレジットカード会社のスタッフさんに勧められるまま、クレジット機能をつけました。

就職して間もない頃で、貯金も増えてきてもうすぐ夏休みというという開放感もあったのだと思います。海外旅行に出かけたいと思っていた時に、一緒に行く友達に、クレジットカードは海外に強い、と言われていたこともあって、作ったのを覚えています。

申し込み方法は、住所に氏名、それから会社名などを書類に書くだけ。難しいこともなく、あっという間にカードを発行してもらい、念願の海外旅行には、勿論忘れずにカードを持って行きました。

宿泊先や食事を取ったレストランでもクレジットカードは大活躍です。両替してお財布に現金を入れておかなくても、カードがあればOKというのは手軽だなあ、と感激しました。

その頃私は実家住まいだったため、海外旅行で使ったきりクレジットカードは暫く部屋の机の中に眠っていたのですが、3年前独立して、家を出ることになったのです。初めての1人暮らしでした。

不動産や選びから始まって、お世話になることにした不動産屋さんからアドバイスをしてもらいながらの部屋探し、悩みながらも、最後はワンルームマンションに決めました。会社からの比較的傍にあり、隣の部屋の物音なども聞こえないため、そんなに気を使うこともなく、とても住みやすかったです。

それにしても1人暮らしというのは、全部一人でやらなければいけないんですよね。家賃だって、水道料金などの公共料金だって、自分で手配して支払うことになります。このときはさすがにクレジットカードを作っておいて良かった、と思いました。

毎月料金はクレジットカードで引き落としてもらうことに決めたのです。最初の頃はコンビニに行って、公共料金などの支払いをしていましたが、クレジットカード引き落としにしてから、面倒な事がひとつ減りました。仕事をしていると銀行に行く時間とかも取れない事があったので、引き落としはとても便利だと感じました。

やがて彼女ができて、初めて二人で旅行に行ったときのことです。うっかりお財布に現金を入れておくのを忘れてしまって、その時はすごく焦りました。

預金も心許なかったので、私はクレジットカードにつけておいたキャッシング機能をはじめて利用したのですが、難しいことはひとつもなく、簡単に融資を受ける事ができたのです。

コンビニのATMでキャッシングをしたのですが、最近ではどこに行ってもコンビニがあるのは本当に便利だと思います。財布の中身も心配なくなり、彼女との旅行を楽しめました。

このページの先頭へ